眼瞼下垂を改善しよう|美容クリニックでの治療OK

上の瞼が下がってきたら

笑顔の女の人

瞼のせいで視界が悪いと感じているのなら、それは眼瞼下垂という病気かもしれません。特にハードコンタクトを利用している方はなりやすい病気なので、眼科・形成外科・美容外科がある医療機関に訪れて瞼を診察してもらいましょう。

もっと見る

目力アップの切り札

ガッツポーズの婦人

眼瞼下垂には埋没法と切開法があり、埋没法の方が身体の負担が少ないですが、症状によっては切開法の方がきれいに仕上がります。自分の症状や希望に合わせて手術法を選びましょう。また、眼瞼下垂術はスッキリした目元を作るだけではなく、額のシワや頭痛、肩こり、姿勢の悪さなどといったものまで改善することができます。

もっと見る

手軽に行える瞼の手術

女の人

眼瞼下垂の治療法として、美容整形では埋没式挙筋法という手術を受けることができます。埋没式挙筋法はメスを使用しないので、傷跡が付かないことやダウンタイムが短い特徴があります。仕上がりに満足できなければ、元の状態に戻せる点も人気の理由となっています。

もっと見る

瞼が十分に上がらない疾患

女性の目

瞼が下垂する疾患の原因

正面を向いた時に、まぶたが十分に上がらない状態を「眼瞼下垂」と言います。周囲からは眠たそう、いつも疲れているようだ、など心配されることが多く、特に容姿を気にされる女性にとっては大きなコンプレックスとなります。眼瞼下垂は片目にのみに発生することが多いのが特徴です。発症は生まれつきの場合が殆どです。後天的には加齢や、コンタクトレンズを長期に渡り使用していることなどが原因で、目や瞼の周囲の筋力が落ち眼瞼下垂が発生することもあります。また、眼瞼下垂の方は本来の年齢よりも老けてもられる可能性があります。そのため、アンチエイジングとしてこれを改善したいと考える方は少なくありません。眼瞼下垂は整形外科での治療が可能です。治療することによって、以前より表情が明るく見えたり、若々しく見られたりすることがあります。また、エイジングケアの一環として若さを保ちたいという方にも、人気の美容整形となっています。一方で、急に眼瞼下垂が現れたという場合は、脳動脈瘤が発症している可能性もある為、早期に整形外科、または脳神経外科を受診しましょう。

瞼が下垂する疾患の治療法

眼瞼下垂は「重症筋無力症」が原因で発症することもあります。重症筋無力症とは過度の疲労が原因で引き起こされる、日常生活に常に疲れや怠さを感じてしまう疾患です。重症になると呼吸すら出来なくなります。この重症筋無力症が原因で眼瞼下垂が発生している場合、治療は薬物療法が基本となります。生まれつきの眼瞼下垂の場合は、治療は整形外科での外科手術が主体となります。瞼の下垂が重度で、視力や視野に影響が出ている場合は、早期の手術が必要です。すぐに整形外科の専門医に相談をしましょう。脳梗塞の後遺症として、眼瞼下垂が発生した場合は自然に回復することが多いので数週間から数ヶ月ほど様子を見ます。数ヶ月経っても全く改善が見られない場合は、外科手術が選択されます。